定期券2枚持ちの不便を解消する方法!これで紛失も心配なし

こんにちは、最近寝る前になると鼻がつまる「うな爺」ですが皆様いかがお過ごしでしょうか((+_+))

今日は電車通勤の方なら絶対悩んでいる定期券のことについてお伝えします。

電車通勤の方でよくあるのが、2つの電車を乗り継いで会社に行くということですね。

いまだと共通の定期券を持つこともできる電車もあるようですが、定期券を2つ持っている方も多いと思います。

私の場合は、三重県から名古屋まで電車で通っているわけですが、近鉄と名古屋地下鉄を使っているので2枚の定期券を使用しているわけです。

そして2枚使うことで不便なことが発生してくるんですね。

定期券2枚持ちの不便とは?

定期券って今ではICカードというものに変わり、自動改札口でそれをタッチするだけで電車に乗れるというすぐれものです。

しかしまたそれだけに不都合が生じてしまうものですね。それは違うICカードを持っていることで間違えてタッチしてしまうということです。

例えば私なら、近鉄で使うICOCAを地下鉄の改札でタッチしてしまったり、地下鉄で使うmanacaを近鉄でタッチしてしまうといったことですね。

これが「あー間違えた」で済めばいいんですが、「ピンポーン」とでかい音が鳴ったり、つかえて後ろの人に「チェッ」と舌打ちされたりするんで、けっこう嫌なものです。

だからどうしても改札のたびにビクビクしてしまうんですね。

また2枚持ちになると、通勤のために管理すべきものが2倍になるわけですから、けっこう面倒が増えるわけです。

片方だけ忘れたり、失くしたりみたいな。。。

だから私なりに上手く管理できる方法をいろいろ探っていたわけなんです。

その不便を解消するツールを使ってみたけど

そしてある時素晴らしいものをネットで発見したんですね。それが「ICカードセパレーター」というもの。

これをICカードとICカードの間に入れれば、一つの定期入れで済ますことができるというものなんですね。

IC定期カード二枚持ちの人はやった経験があると思いますが、2つのICカードを一つの定期入れに入れて裏表でタッチすればOKだろうとやってみても、どちらもが反応してしまって使えないんです。

でもこのICセパレーターならそれを防ぐことができるというものなんですね。

私も「これは最高だ!」と即購入して使い始めたのですが、最高だったのは最初のうちでした。

それはたまに両方のICカードが反応して「ピンポーン」となることがあったからなんですね。

要するに、ちゃんとセパレートできない時があるということ。

こうなると「たまに鳴ることがある」というだけなんですが、その「たまに」に恐怖を感じタッチできなくなるわけです。

だから、結局一枚一枚取り出してタッチするといった面倒を強いられることになったわけですね(*_*)

次に試したのが100均で購入したコレ

そして次に思いついて試したのがこの形でした。

これは100均で購入した定期入れ2つに「のびーるストラップ」を引っ付けたものです。

この形は自分の中ではかなりのブレークスルーでしたw

この形を作る費用はわずか324円(税込)です。

なのに

  • 「のびーるストラップ」をズボンのベルトループに付けておけば紛失する恐れがない。
  • 定期券が別々になっていることで確認して自動改札を通るので間違えることも少ない。

とかなり完ぺきだったわけです。

もうこれは会社の同僚にも勧めようと思っていたほどです。

しかしこの「完ぺき」もすぐに終わりが来ました。。。それは

定期入れと「ストラップ」をつなぐところが切れてしまったからです((+_+))

「あああああああ!!!これが100均のサガなのか、しょうがないところなのか。。。」

っということでこの試みもわずか1週間で終了してしまったわけです(涙)

今現在の最高の形は「バタフライ式定期入れ」

そして今現在試しているのが、アマゾンで購入したバタフライ式の定期入れを「のびーるストラップ」とつなげる形です。

このバタフライ式というのは言葉通り、定期入れを金具で引っ付けた「ちょうちょ」のような形をしているわけです。

いざ調べてみると「こんないいものがあったのか~」っというぐらい、今までの悩みが馬鹿みたいに思えてきたほど(笑)

とくに良いのがストラップをつなげる部分ですね。

これなら「ちぎれる」心配もないので安心して使えます。

値段も結構安くて良かったのですが、できれば本革みたいな肌触りが欲しかったです。

まあこの値段でそれを求めるのは贅沢ですが(笑)

まとめ

ここでは私が定期入れの不便さと紛失のリスクをなくすための方法を紹介してきました。

まあやっていることは超単純ですし、今の最終形はアマゾンで検索すればすぐに見つかるものです((+_+))

でも意外と真剣に調べないと知らなかったりするものなんですよね。

わたしも今の形が最終形とはとらえず、自動改札でいろいろな人の定期入れを観察して、さらに進化したものに変えていきたいと考えています。

また新しいものを見つけた時はココで紹介しますので楽しみにしていただければと思います(^^♪