「まんがで変わる!仕事は楽しいかね?」で学んだこと

仕事は楽しいかね

こんにちはうな爺です。最近、読書では「まんがで!」シリーズにハマってます。

今日もそのマンガシリーズの中から「まんがで変わる!仕事は楽しいかね?」をピックアップ!

仕事は楽しいかね

Amazonの商品ページにリンクしています

この書はベストセラーになった「仕事は楽しいかね?」を日本の現代に置き換えたものでとても分かりやすくなっています。

「仕事は楽しいかね?」というタイトルを見て「ギクッ!」とした人は必ず読んでみてくださいw

では私がこの書から学んだことを紹介してみます。

違う自分になる

この書で主に言われていることは、

「仕事を楽しくする。自分の人生を変える。」には「毎日、昨日とは違う自分になる」と決断することなんですね。

そして「違う自分になる」ことを可能にするのは「試すこと」

試すことに失敗はない。なぜなら試せば必ず何かしらの結果がでるから。

だから「違う自分になるために試し続けろ」と言っているわけです。

確かに違う自分になった時、いわゆる自分が成長したと実感した時ってとても嬉しいというか、何か達成感といったものを感じますよね。

そう毎日感じることができれば仕事は必ず楽しくなるものです。

人々はしたくもない仕事をし同時にそれを失うことを恐れているんだ

多くの人がこの言葉に「ギクッ!」とすると思います。

これはそれだけ人々は安定というものにしがみついている証拠なんですね。

そういう私もそう!

なんだかんだ言ったって、毎朝起きて仕事に出かけるのは好きでやっているのではありません。

出かけなければその仕事を失う。そして毎月の収入がなくなるからです。

まさにそれを見事に言い表した言葉ですね。

こんな人生嫌ですよね。できうるならこの状況を変えたいと思うのが当然なはずです。

でも変えたいと思えるのなら、それはけっこう簡単に変えれるものなんですね。

同じように見える風景は実は変化に富んでいる

当たり前に見える風景。職場や通勤でとおる場所など。そこには本当は実に変化が富んでいるんです。

そう見えないのは、単に自分が「同じように」見ているに過ぎないからなんですね。

  • どのように仕事を楽しくするか?
  • どうすれば面白くなるか?
  • いくらでも試せるのなら何をするか?

こう自分に問いかければ、些細なことでも今を変えるアイデアが湧いてくるもんなんです。

そしてアイデアが湧くという現象は人をワクワクさせてくれるもの。

さらにそのワクワクは新たなアイデアを引き出してくれるものです。

あとはそれを試すだけ!そうすれば昨日との違いが生まれるわけです。

適切な時、完璧な機会などない

そして試すことに適切な時、完璧な機会などありません。

  • 時間ができたらやろう
  • これが終わったたらやろう

ではダメなんですね。

だいたいこんなことを言っている場合って絶対にやらないですよね。

言い訳をして試すことからただ逃げているだけ。

だから思いついたら「すぐに今!」始める!そうすれば当たり前のように変化が生まれるわけです。

試さなければ分からない

自分の例を挙げると、うちの会社ではトップダウンの決定で無謀だといういうようなことを何回も繰り返してきました。

それは明らかに失敗するだろうということも繰り返してきました。

そして私はそれに対して「そらみろ!初めから失敗することは分かっていたんだ」とほざいていました。

しかしその中の一つには成功と言えるものも形となって表れているものをあるわけです。

それは試さなければ見えなかったもの。

また失敗したことに関しても、「やっぱりこの場合はうまくいかないんだ」ということを明確に知ることができたという進歩を得られているわけです。

まとめ

私はこの書を読んで痛感したのは、

「今の自分は試すことに逃げている」ということ。

試すことに失敗はないのに、

「こんなことやったらバカにされるんじゃないか?」

「こんなこと言ったら大反発を食らうんじゃないか?」

「こんなことしたら大損するんじゃないか?」

と勝手に考えて試すことに逃げている。いや、変わる自分から逃げていると。。

要するに変わりたいとは思っているけど、変わることに恐怖を持っている状態だったわけですね。

でも、この書を読むことで

  • 試すことは何も怖いものじゃないということが分かりました。
  • そして試さなければ何も変わらないつまらない日々が続くだけということが分かりました。
  • そしてこの書を読み終えた時点から試すことを始めました。

それは100均である備品を購入するというとってもちっぽけなものですが、それによって自分が働く店にわずかではありますが変化というものが実際に見えるわけです。

とにかく!「ブツクサ言う前にとりあえずサッサとやってみろ!」これが仕事を楽しくするため唯一の方法なんです。

「まんがで変わる!仕事は楽しいかね」はkindleアンリミテッド対応商品です。kindleアンリミテッドの詳細はこちらから>>