投資漫画「インベスターZ」で心に残った名言

格言

サラリーマンが本業以外でお金を稼ごうと考える際に一番に浮かぶ考えは「投資」ではないでしょうか。

しかし、素人がいきなり投資に踏み込んでもそうそう簡単にいくわけがありません。

そこでおススメする本が、学生が学校を運営するために投資でお金を稼ぐ漫画「インベスターZ」

この漫画は「ドラゴン桜」などの作品を持つ漫画家三田紀房さんが描いたものです。

このインベスターZでは投資はもちろん経済や経営など多くのことを学ぶことができます。

私も読みながら思わず唸ることが多々ありました。

その中でもここではインベスターZを読んで私が心に残った名言をまとめてみました。

実際に存在する著名人の名言も含まれていますのでとても心に響きます。

インベスターZのはじめの頃は投資部に入部した主人公財前孝史に投資部主将の神代圭介が投資に関しての言葉を多く伝えています。

その言葉の多くが投資の神髄をついたとても素晴らしいものばかりです。

投資に勉強なんて必要ない。投資は習うより慣れろ。投資はゲーム。100億使って思い切りゲームを楽しめ。

 

株に自分の考えなんかいらない。株は法則でやれ。

 

真の投資家は投資について議論はしない。議論は個人のこだわりを生み出してしまうから。こだわりを持てば投資は必ず失敗する。

 

過去は忘れる。これが投資家であるための絶対条件。過去はすべて忘れて今保有している株を改めてみる。損切はけっして失敗ではない。むしろ次の成功のためのチャンスと思え。

 

人間は欲を持ったら努力するしかない。

 

これらの言葉を聞いただけでも株への取り組み方が分かると思います。まさに投資で成功するための神髄が込められています。これらの言葉に従うことだけでも成功へ導かれるといっていいものです。

また初代キャプテンの言葉にこういったものがあります。

株は入り口にあらず出口にあり。

この言葉はそのまま、株は買うことよりも売ることを考えなければいけないということ。

これは出口戦略ともとれます。一つの商品を売るにしても「〇〇%の利益を得られるように商品を作る」と考えないと費用ばかりかかって全然儲からない商品を作ってしまうことになりかねません。

また英語を勉強する上でもそうです。漠然と英語を勉強していては全く身になりません。

「英語を勉強してどうしたいのか?」

「どういった場面で英語が使えるようになりたいのか?」

とまず考えます。

そして「外資系の会社に転職するために英語を身に着けたい」と出口を見極めれば、ビジネス英語をしっかり身に着けるという英語を学ぶ指針が得られます。

これと同じように株を買う上でも「〇〇%上昇したら売る。〇〇%下落したら売る。」と決めておけば感情に左右されないルールにのっとった投資ができるわけです。

自分の方法を見つけてそれを信じてやりつづけるだけ。天才とはたったそれだけのこと。

100人の人が思いついたとしても行動するのはそのうちのたった一人。そして、100人の人が行動し続けられるのはそのうちのたった一人。つまり、一万人のうち一人しか「やりつづける」人間はいない。天才とは実はそういうカラクリ。

これはイチローの例をあげると分かりやすいです。自分が信じたやり方をただ信じてやり続けることで大きなことをやり遂げることができる。

一般人と天才を分けるとは「やり続けることができるかどうか」ということです。

社会の決めごとやルールとは何かを信じ込ませて人を動かすための道具

交通ルールをみても分かるようにルールがないと人間は正しく動くことができません。

そして間違ったルールであっても信じ込ませられると人間はその通りに動いてしまうという怖さを教えてくれる言葉です。

ワクワクしたりドキドキしたりして思い切り楽しむ。働くってそういくことじゃないか?

誰かのためなるように仕事を一生懸命頑張る。「こうなったら最高」「こうすればあの人が喜んでくれる」と思えるから一生懸命働ける。

そういった仕事の根本を教えさえてくれる言葉です。

リスクをとらないリスクほど経営者として恐ろしいものはない。

思いついたら何でもやってみる。同時多発的に失敗覚悟でスタートだけはしてみる。

no pain no gain という言葉があるように会社を経営するうえで痛みが伴わなければ何も得ることはできません。

危険を伴わなければ、大きな成功は得られません。それは安定にしがみつけば後退することの逆に意味しています。

私たちサラリーマンはどうしても安定にしがみつきます。しかしそれでは前に進めない。自分が本当に手に入れたいものを手に入れることができません。

とりあえずリスクをかえりみず行動してみる。その重要性を教えてくれる言葉です。

鳥の目、虫の目、魚の目。物事は一つの目で見てはいけない。

私たちはどうしても物事を俯瞰してみることを怠ります。

俯瞰してみるというのは、上の言葉でいうと鳥の目です。目先のことばかりしか見ず、今自分がいる全体に対してみることができていません。

投資に関しても、一つ一つの銘柄ばかりに目を向けていては成功することはできません。社会全体をみることで「その銘柄はどうなのか?」を見れないといけないということ。

投資だけに限らず、日頃から心に止めておきたい言葉です。

みんなで相談して決める。この日本の美徳は責任逃れの裏返し。

一人の人間の信念は100万回の会議に勝る。

みんなで相談して決めるというのは、お互いの意見を譲りあうだけ。これは責任を負いたくないという思いにもなってしまうものです。

歴史的にも世の中を変える出来事は一人の信念による決断で行われてきています。

それだけ覚悟を持った決断でないと世の中は変えられないということ。そういうことを教えてくれる言葉です。

何をしてきたかと同じくらい、何をしてこなかったかを誇りたい。

これはapple創業者のスティーブ・ジョブズの言葉です。これは経営をするうえで重要なこと以外はすべて排除するといった思い切った決断が必要だという意味。

言い換えれば、あれもこれもと手を付けていては、本当に欲しいものを手に入れることができないということを教えてくれる言葉です。

就活とは人生の投資

今になってこの言葉が響くサラリーマンも多いのではないでしょうか?

就活というと、とにかく就職しなければという思いだけで行動していた人も多いはず。

でも就活とはそんな簡単なものではなく、自分の一生を変えかねない大事な投資なわけです。

だから自分の一生をゆだねる会社のことをしっかり検討する必要があるわけです。

「この会社に自分を投資することで大きなリターンを得ることができるのか?」

今からでも遅くありません。再度考えてみる言葉です。

分からないからたちどまるんじゃない。分からなくても前に進む。これが大事なこと。

漫画内で紹介されていますが、「飛行機が空を飛ぶ」というは誰もが承知な話ですが、実際なぜ飛ぶのかは理論的に証明できないことなんです。

でも理論的に分からないから、飛行機を作らないのでなく、とりあえず前に進む。

こうやってさまざまなものが発明され、作られてきたわけです。

要するに何かを怖がっていては何も進まない。ある程度はリスクを抱え込んで行動しなければ何も事は果たせないということを教えてくれる言葉です。

ベンチャーとは無理を実現させてビジネスに変えることだ。

やってみると案外なんでもやれる。世の中やらないやつがいかに多いかってこと。

美人の隣に座れるやつは美人に告白した男だけ。

これは漫画内でホリエモンこと堀江貴文さんが発した言葉です。

ベンチャーについて語った言葉ですが、要は「世の中やったもん勝ち」ということをとても分かりやすく示しています。

私たちも「やってみたらけっこう上手くいった」という経験はあるはず、これを当たり前にできる人が大きな果実を得られるということです。

まとめ

ここでは投資漫画「インベスターZ」を読んで私が心にのこった格言を紹介してみました。

この格言を見るだけでも、投資の根本的なやり方が見えてきます。

そして投資を通じて、会社とはどういったものか?経営とはどういったものか?世界はどのようにこうなっているのか?が見えてきます。

投資はお金を増やす一つの手段であり、自分を成長させる手段でもあります。

一度、このインベスターZを手にとって「投資とは?」について学んでみるのも良いことだと思います。