40代サラリーマンでも「行動できる!継続できる!」ようになる武器とは?

変わる

今からでも、

通勤時間を利用して、自分の成長のために勉強したい、読書したい。

しかしそう言いながら、ネットサーフィンしてしまったり、寝てしまったり、ゲームしてしまったりで一向に前に進むことができない。

そう悩んでいる40代サラリーマンは多いのではないでしょうか?

そして、俺は結局そんな人間。いくら頑張ろうと思っても「やれない人間」だから無理。

と諦めかけていないでしょうか?

私もそんな人間でした。

毎日、自己投資できる時間は通勤時間ぐらいしかないと分かっていても、

  • 座席に座って5分もいないうちに爆睡。
  • ちよっとあれ調べてからと思ったら最後、そこから永遠とネットサーフィン。
  • あの続きが気になると思ったら終わり、永遠とスマゲー三昧。

こんなことを繰り返していては時間を浪費しているだけ、一向に理想の自分にはなれません。

しかし、そう思って通勤時にやるべきことなどのtodoリストを作ってもそのtodoリストさえ開かないといった感じでした。

もちろん私もいろいろ変えようと真剣に考え、さまざまな本を読んでは実践してきました。

しかし、なかなか決定的なものに出会うことはありませんでした。

「やっばり無理なのか?」「このまま40代を終えそのまま老化していくだけなのか?」

何とか行動できる力が身に付けば、継続できる力が身に付けば、すべての問題が解決するのに。

でもその力を身につけることができない。

やっぱり、行動できる、継続できる力も「生まれもって身に付いていなければ無理なもの」なのか?

と諦めかけていたときにあるのものに出会ったんです。

それが「瞑想」でした。

瞑想は脳科学的に根拠のあるもの

なぜ瞑想に出合ったのか?

それはそれだけ自分が必死に変わりたいという思いがあったからだと思います。

  • 行動できる自分。
  • 継続できる自分。
  • やってはいけないことをやらないでいられる自分。

になるためにそうなれる方法を探し求めていたからだと思います。

私は「瞑想」という言葉を聞いたときは

  • 怪しい。
  • そんなの気休め程度のものでは。
  • それって緊張する人が落ち着かせるためだけのものじゃ。

ぐらいに思っていました。

しかし瞑想というものが「脳科学」で証明できる根拠のある行為だということを知って「瞑想」への見方が変わりました。

瞑想は脳の一部「前頭葉」を鍛えるトレーニングなんです。

前頭葉とは頭の前にある脳機能で

前頭葉の持つ実行機能 (executive function) と呼ばれる能力は、現在の行動によって生じる未来における結果の認知や、より良い行動の選択、許容され難い社会的応答の無効化と抑圧、物事の類似点や相違点の判断に関する能力と関係している。

簡単に言うと、前頭葉は人間の意志力、決断力などを司るものであり、鍛えることによって意志力、決断力を向上させることができます。

それを可能にするのが「瞑想」なんです。

私はこれを知って、とりあえず「瞑想」をはじめてみました。

最初は2分ほどしかできませんでしたが、5分、10分と毎日の日課として「瞑想」に取り組めるようになりました。

瞑想といっても、ただ単に目をつぶっていればいればいいわけではありません。

正しい呼吸法、姿勢などを保たないと前頭葉を鍛えることができません。

これが初めのうちは難しく感じます。しかし毎日2分だけでも続けることでその方法が身についていき、次第に瞑想が気持ち良いものに変わっていきました。

そしてほんのわずかな期間で私に変化がもたらされました。

瞑想をはじめて私が変わったこと

私が実感できた瞑想の効果は以下のものです。

  1. 禁酒を始めることができた。
  2. イライラすることが少なくなった。
  3. 毎日のtodoがこなせるようになった。
  4. 衝動買いが少なくなった。
  5. 何が自信を持てるようになった。

1.禁酒を始めることができた。

私は今まで何度も禁酒を試みてきましたが、続いても3日ぐらいで挫折していました。

ゆえに自分には禁酒は無理と考え、今度は節酒に取り組んでいましたが、これがストレスとなりダイエットのリバンドのようにお酒に走るようになってしまっていました。

これでは本当にアルコール依存症になってしまう。そういう恐怖があったのですが、禁酒はできずじまい。

しかし瞑想をはじめて2週間ほど経ったころ、何か少し自分に自信が持てるようになり、再度「禁酒セラピー」という本を読んで禁酒に取り組みました。

そうしたら自然とお酒を飲まずに済むようになりました。感覚的に言うとお酒を飲んでいなかった未成年時代に戻った感じです。

自分的にはお酒を止めるというよりも「お酒そのものの存在がない」といった感覚になりつつあります。

2.イライラすることが少なくなった

瞑想をすることですぐに実感できるのが、イライラすることがなくなったこと。

今までは仕事でも家庭でも人と相触れることで生じるストレスにどうしてもイライラすることがありました。

そしてそれを心の中で「許します」と唱えたりすることでイライラを抑えるように努力をしていました。

しかし瞑想を始めることで「許します」と唱える前に「人を許せている」「自分を許せている」といった感覚になれるようになったんです。

これはとても大きな変化でした。今まである人に対してとても嫌悪感を持っていたのですが、それがまったくと言っていいほどなくなりました。

今ではその人の行いが可愛く見えるほどです。

3.毎日のTODOがこなせるようになった

今まで見て実行しようと思っても、見るのもイヤだったTODOリストを朝に必ず確認して実行できるようになりました。

感覚としては意志がハッキリして、やるべきことを優先的にこなせるようになったという感じです。

別の言い方をすれば、やらなくていいことをやらずに済むようになったということ。

禁酒もそうですが、ゲームもよりもTODO。テレビを見るくらいなら読書といった感じですね。

5.衝動買いが少なくなった

あと今まで何かしら欲しいものがあればすぐに購入してしまう性格でしたが、買う前に「本当にいるものか?」と考えられるようになりました。

別に言い方をすると客観的に買い物ができるという感じです。

6.何か自信を持てるようになった

そして何かしら根拠のない自信というものを持てるようになった気がします。

今までは将来の不安とか、お金に関する不安とかを寝る前に考えたりして眠れなかったりすることがありました。

しかし瞑想を始めるようになって何かしらの確証があるわけでもないのに漠然と

  • なんとかなる
  • なんとかできる
  • 自分ならできるだろう

といった気持を持てるようになりました。

「開き直る」って感じではないんですね。なんとも言えない不思議な感覚です。

でもこれによってすごく毎日が楽に感じるようになりました。今まで自分を抑えていた重いものが逆に土台となっている感じです。

わずか2分から始められる「瞑想」

私は「瞑想」を知り、試してみることで明らかに自分を変えることができました。

変えるといっても、ただ「行動できる自分」になれただけ。

でもその「行動できる」がどれほど大きなものかを実感しています。

しかしまずその「瞑想」に取り組むことが難しいのではないか?

今まで行動できないでいた自分が「瞑想」に取り組めるのか?と考える人もいると思います。

確かに「自分を変えたい」という思いが無い人には難しいでしょう。

しかし「自分を変えたい」そして「自分の未来を変えたい」という思いが心の中にあるなら「瞑想」は必ずあなたの力になってくれます。

そして最初に必要な時間はわずか2分です。まずは一日のうちのわずか2分を瞑想に投資してみてください。

そしてその2分を正しい瞑想方法でこなし続けていくことができれば確実に変化が持たされます。

私も瞑想を知ってから何冊か瞑想に関する本を読んで瞑想に関して勉強しました。そして瞑想はとても歴史のある深いものだということを知りました。

しかしここで言えることは瞑想をそこまで深く学ぶことはありません。

基本をしっかり押さえるだけで十分です。そういった意味でも私をはじめて瞑想に導いてくれたこちらの教材が今でも私の心の書となっています。

>>3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation

この書はメンタル心理カウンセラーの岡野真さんが書かれたものです。

歴史深い「瞑想」をとても分かりやすく書かれているのですぐに実行できます。

PDF教材なのでスマホでも見ることができますが、私はプリントアウトして線を引きながらじっくり読みこむことをおススメします。