瞬間日記を超えた!?メモアプリGoogle keepの凄さ

今まで私が知らなかっただけですが、素晴らしいメモアプリを見つけました。

それがこちらのGoogle Keep

googlekeep

その名の通り、Googleが作ったメモアプリで様々な使える機能が満載です。

私は今までメモアプリとして瞬間日記というアプリを使用してきました。

瞬間日記は日記だけに留まらず様々な機能が付いている上、瞬間という名の通り、手軽に開けてすぐにメモができるすぐれものです。

しかしこの瞬間日記に匹敵!いや勝ると言えるのがこのGoogle Keepなんです。

瞬間日記になくてGoogle Keepにある機能

Google Keepには瞬間日記にない機能がいくつもあります。それを挙げると

  • 手書きや図形が書ける機能
  • 音声を保存できる機能
  • チェックボックスとして書ける機能
  • パソコンでも使える機能

があります。

手書きや図形が書ける機能

手書きや図形が書ける機能とは下の動画見ていただくと分かりますが、Google Keepの中にこの機能が入っていてすぐに手書きや図が書けて保存できるものです。

これならちょっとしたメモなどを即!手書きで書けたり、文字よりも絵で保存しておきたいものなどを手軽に書けたりするので便利です。

音声を保存できる機能

瞬間日記でも音声による文字入力は可能ですが、Google Keepの場合は文字入力と同時に音声までもいっしょに保存することができます。

簡単に言えばGoogle Keepの中にボイスレコーダーがあるということです。

これもかなり便利です。今までだと音声を保存したい場合、ボイスレコーダーのアプリを開かなければいけない。そして音声を聴くためにはボイスレコーダーのアプリをいちいち開かなければいけませんでした。

しかしこのGoogle Keepならここを開けばすぐに音声入力もでき、保存した音声もすぐに聴くことができます。

チェックボックスとして書ける機能

メモする際によく利用する形がTODOリストを作成することです。

その際にそのTODOを分かりやすく羅列するために使用するのがチェックボックス。

これは買い物リストを作る際などとても便利です。

このチェックボックスがGoogle Keepではメモのデフォルトとして常備されています。

Google Keepを開いて下記のチェックボックスをボタンを押すと自動的にチェックボックスが出るようになります。

Google Keep チェックボックス

Google Keepチェックボックス使用のサンプル画像↓↓

パソコンでも使える機能

そしてGoogle Keepで一番使える機能が、スマホだけではなくパソコンでも使える機能です。

瞬間日記はスマホアプリなのでスマホでしか利用できません。ゆえに瞬間日記に保存した文章などをパソコンで使うためにはメールで送信したり、EvernoteやGoogleドキュメントなどパソコンと共有できる他のアプリを使用するしかありません。

しかしGoogle Keepはすでにパソコンと共有できるアプリなのでその必要がないわけです。

この共有性はデスクワーカーやノートパソコンを持ち歩くビジネスマンにとってかなり大きなメリットと言えます。

瞬間日記とGoogle Keepの比較表

ここでは瞬間日記とGoogle Keepとの違いを分かりやすく表にしてみました。

 

機能 Google Keep 瞬間日記
起動が早い
手書き図形が書ける ×
画像が保存できる
カレンダー表示 ×
他のアプリに共有できる
音声保存できる ×
チェックボックス保存 ×
通知機能 ×
検索
ラベル
スクロールで閲覧 ×
パソコンでも使える ×

私がGoogle Keepを使ってみた感想

一通りGoogle Keepを使ってみた感想として、あらゆる機能を使ってさくさくとメモできる最高のアプリと言えます。

そしてメモしたものをパソコンでも見ることができる上、加筆もできますから文章作成アプリとしても最高と言えます。

メモアプリ、文章作成アプリならEvernoteやGoogleドキュメントがあるので「それで問題ないのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、EvernoteやGoogleドキュメントはどうしても起動が遅いという弱点があります。

その点に置いてGoogle Keepはメモアプリという位置づけで大きく引き離す点です。

ただそんなGoogle Keepにも弱点があります。それは閲覧という部分で少し劣っているということ。

これは瞬間日記と比較してということになるのですが、あらゆるメモを見返す場合、Google Keepだとメモをひとつひとつ開いて見る形になります。メモの一部はある程度見ることはできるのですが、メモの内容量が多いと省略されるわけです(下記画像参照)

Google Keep

その点、瞬間日記だとメモの中身までもがスクロールで全部見ることができます↓↓

私はメモは書き付けるだけのものではなく、後で見返すためのものであると考えています。

ゆえに見返す作業が面倒だとどうしても苦痛を感じるわけです。

ということで今のところ閲覧という点でGoogle keepよりも瞬間日記のほうが優れているため私は瞬間日記を使い続けることにしました。

ただ今後Google keepの閲覧機能が改善されたら移行するかもしれません。

やはり通勤時に使うものに対しては機能性を求めますからね。

アプリに情を持つようなことを私はしません。