あなたの脳を変えないかぎり、何も変えることはできない!

潜在意識

何かをはじめようと思っても続けれれない。すぐに止めてしまう。もしくはもっといい方法があるのではと近道を探して結局遠回りしてしまう。

こうやっていっこうに変わろうとしても変われない人は多いと思います。そうやっていつの間にか人生を折り返し「このまま自分は終わってしまうのか」という不安をふと抱いてしまう。。

例えば、通勤時間を利用してスマホで英語学習をしようと思っても、

  • 講義を始める前にちょっとだけとゲームアプリを開いてしまう。
  • スマホで講義はじめても結局寝てしまう。
  • やっぱりこの勉強法は自分には合わないといって違う教材を探してしまう。

あなたもこんな感じで無駄な時間を費やしているのではないでしょうか?

なぜやろうという気持ちはあるのにできないのでしょう。続けることができないのでしょう。

それはあなたの脳が「できないように」「続けないように」仕向けているからです。

ゆえにその脳を変えない限りいつまでたってもあなたは変わることができません。

脳に潜む「潜在意識」があなたをコントロールしている

知っている方も多いと思いますが、私たちには顕在意識と潜在意識というものが存在します。

顕在意識とは自分で考えて行動できる意識。そして潜在意識とは自覚なく行動や考えに影響を与える意識のことを言います。

そして人間は顕在意識が10%潜在意識が90%で成り立っています。要するに自分で自覚がない意識のほとんどで人間は暮らしているわけです。

例をあげるとご飯を食べる際、

「箸を右手に持って、中指を箸と箸の間に入れて箸を広げてから食べ物を挟む」と考えて食べることはありません。

これは潜在意識の働きがあるからこそ無意識にできるわけです。

そして潜在意識には「私たちを無意識のうちに守ってくれる」作用があります。

例えば「火」を見たら危険と察知させそれから逃れるよう無意識に脳や体を反応させます。これがあることで私たちは無意識に危険から逃れることができています。

これが可能なのは潜在意識に私たちを現状維持させる働きがあるためです。このことにより現状と違ったことが起きると危険と察知し現状維持するように私たちをコントロールするわけです。

しかしこの現状維持してしまう潜在意識の力によって私たちは変わろうと思っても変われなくなってしまうことにもなってしまっています。

上の英語学習の例を見れば分かるように、自分では英語を勉強しようと思っていても、潜在意識は「現状にはないことをやろうとしている」と受け止めてしまい、結果、私たちにゲームをさせたり眠らせたりさせて、英語の勉強という危険から現状維持にコントロールしてしまいます。

いくら方法を変えようが変わらない

このようにいくら顕在意識を使って自分を変えようとしても私たちの90%をコントロールする潜在意識が変わらなければ変えることはできません。

英語を学習するにも、スマホで勉強するのが無理だったから、CD教材を購入して音声学習をやってみよう、英語の本を徹底的に読むリーディング勉強をしてみようなどと勉強する方法を変えたとしても、潜在意識に「英語を勉強することが現状だ」ということを認めさせないかぎり英語を身に着けることができないわけです。

では「英語を勉強することが現状だ」と潜在意識に認めさせるにはどうすればいいのでしょうか?

脳の変え方を知って、あとはそれを実行するだけ

潜在意識を塗りかえるには「アファメーション」という方法を使う必要があります。

アファメーションとは、自分自身に対する肯定的な宣言のことです。 英語のaffirmationには、肯定、確定、断定といった意味がありますが、自己啓発のセミナーなどでは、「私はできる」や「私はもっと良くなる」など、自分自身への宣言をアファメーションと呼んでいます。

アファメーションを知っている方も実際にやられた方もいるかもしれません。アファメーションをやれたことがある方には「やっても意味がなかった。何も変わらなかった」という人もいるでしょう。

実際、私もそうでした。もともと自己啓発に興味があり自分が変われるためとさまざまな本を読みあさり、潜在意識やアファメーションなどのことを知っていて実行していた時期がありました。

しかし何も変わることがありませんでした。ただあらゆる方法に手を出しお金を使い続けているだけでした。

そしてアファメーションに関しても自分には効果がない。もともと実力がある人にだけ効果があるものだという結論に至っていました。

しかし、違ったんですね。私がアファメーションをしても効果がなかったのは、

効果が出る正しいアファメーションをしていなかった。そして潜在意識やアファメーションに対してちゃんと理解し信頼して実行していなかっただけだったんです。

私がそうなってしまったのは、潜在意識やアファメーション、引き寄せの法則に関してあらゆる書籍や情報が出ていますが、これらのことをしっかり分かりやすく具体的に文章としているものが少なかったからです。

これは私の理解力がないだけの話なのかもしれませんが、とにかく「何か分からないけどとにかくこれをやれば自分が変われるんだ」ぐらいにしか受け止められていなかったわけです。

でもこちらの「夢を叶える引き寄せrevolution」に出合うことで分かったんですね。

この書は人が変わるために必要な潜在意識やアファメーション、引き寄せの法則に関することがとても分かりやすく書かれています。これを読むことで「潜在意識とはそういうことだったのか!」「アファメーションがあるからこそ今の自分があって、自分を変えるためには絶対に必要なものだ」ということを理解することができました。

なぜそこまで理解できたのかというと、これらのことを科学的に書かれているからなんですね。

人というものはしっかり腑に落ちないとどうしても行動を起こすことはできません。「本当かな、大丈夫かな」という気持ちが少しでもあればなかなか足が進まないのといっしょです。

しかしこの書を読めば「これをやれば間違いなく変われる」という確実な理解を得られ、確実に行動できるやり方が書かれているので行動できないわけがないんですね。

今となっては今まで読んだ潜在意識などに関する自己啓発書に書かれていることが「こういうことだったんだな」と理解することができています。

そう理解できるようになった。そして私を行動できる人間に変えてくれたのが「夢を叶える引き寄せrevolution

何でも試したけど、自分が前に進めている気がしないという人ほど読んでもらいたい書です。

とにかく言えることは、変われないのは潜在意識が変わっていないから。これが変わらなければいくら何をしようが自分が求める理想を得られることはありません。

だからまずは脳を変える正しい方法を知り、あとはそれを繰り返すだけ。そうすれば確実にあなたの人生が好転しだします。